忍者ブログ
車を乗り換えたいと思っている今日この頃です。
[1]  [2]  [3
車となると大きな買い物となります、値引き額も大きいです。
価格が何万円から何十万円と変わってきますから、値引き情報などは、よくチェックしておくことが必要ですね。

購入後、値引き情報を見て、しまった! と後悔しないように、前もっていろんな情報を集めておきましょう。

人気のハイブリッドカーのプリウスは、今や街中で見かけます。
後から発売されたアクアに、販売実績は一時越されてしまったものの、またもやランク1位を確保しています。
プリウスを購入しようと考えている人も、多いのではないでしょうか。

プリウス購入に際してまず考えるべきことは、購入する時期をよく考えましょう。
年末年始、夏冬のボーナス期、年度末となる2月 3月、値引きに適した時期はいろいろあります。
PR
これまで乗っていた車が日産 セレナでした。
十分に乗っていましたのでこの際手放し、中古車へと買い替えをすることにしております。
まずは、
セレナC26系 20Gの買取査定 に出そうとしているところです。

そこで中古車を買うならまずはお店選びから、と言う人がいますが、これはまさにその通りですね。
新品と違って、適正な価格かどうか判断が難しい場合もあります。
中古車が完璧な状態で売られていることは、まずありません。
どれくらいの状態なら、どれくらいの値段なのか、中古車 相場を知るためには、ネット検索が一番だと思います。

車情報誌、中古車専門店、中古車売買専門誌などのホームページは、欲しい車をキーワードで検索できるページがあるところがほとんど。
ここで車種や走行距離、予算などいろんな角度から検索し、欲しい中古車の情報を仕入れておきましょう。
これを利用しない手はありません。

事前にネット検索で知識をつけておけば、お店での交渉もスムーズに行くはずです。
この状態でこの値段は高すぎるのではないか?と思ったら、値引きをお願いしてみましょう。
輸入車の車買取相場は、超高級車のベンツBMWフェラーリポルシェ、となると車買取相場は高くなりますが、輸入車は買うときの価格が比較的高いので、売る時も高く売れるはずと安心して買う方が多いのですが、意外と価値が下がるのが早いのだということを知っておいて下さい。

それでは、輸入車のランキング ベスト3 を見ましょう。

◆A・Bセグメントの輸入車ランキング
輸入車でゴルフの次に売れているMINIが属するセグメントで、日本車ならば軽自動車~コンパクトカークラスとなります。(全長 ~4.2m) 
・BMW ミニ、フォルクスワーゲン up!、フォルクスワーゲン ポロ


◆Cセグメントの輸入車ランキング
輸入車でダントツ一番人気のクラスで、各メーカーとも最も力を入れているクラスになります。(全長4.2m~4.5m) 
・フォルクスワーゲン・ゴルフ、メルセデス・ベンツ Aクラス、BMW 1シリーズ


◆Dセグメントの輸入車ランキング
輸入車で全体の3番目に売れているクラスで、こちらも各メーカーの主力車種が揃うクラスになります。(全長4.5m~4.8m) 
・BMW 3シリーズ、メルセデス・ベンツ Cクラス、アウディ A4
2010年式ベンツ Cクラスの買取査定も、高い評価がされているようです。
シトロエンは外車のメーカーで、そのシトロエンがジャパンプレミアムとしてハイブリッドカーを発表しました。
プジョー3008です。

シトロエンのプジョー3008は2リッターディーゼルエンジンと、モーターを組み合わせた世界初のディーゼルハイブリッドカーです。
欧米ではガソリン車よりもディーゼル車に人気があります。

輸入車に乗る人は限られているのですが、ハイブリッドカーを選ぶ理由はなんでしょうか。
補助金や減税が目当ての市場ではないのです。
モーターはボッシュが技術提供しているようですし、バッテリーはサンヨー製のニッケル水素です。
フランスのプジョーが、これらをまとめて作り上げたのです。

さて、この3008システムは、エンジンとモーターをパラレル制御することによって、エンジンが前輪を駆動し、後輪はモーターが駆動するというものです。
その仕組みは外観を見ただけではうかがえません。

外からの見た目はハイブリッドカーには見えないのです。
あなたも輸入車を購入するならハイブリッドカーかもしれません。
中古車を買いたいと思った場合、ディーラー系の中古車屋で購入するのが、保証も充実していて、車種も豊富にあり良いとは思うのですが、予算的に厳しいと考える方も多いと思います。

そのような場合には、中古車専門店で選んでみると良いかもしれません。
自社に整備工場を持っている中古車屋、またアフターサービスや色々な保証がしっかりしている中古車屋を選ぶ事もポイントです。

今の中古車は性能が良いといっても、いつどの様に壊れるか分かりませんから、直ぐに対処してくれる中古車屋を選ぶことにすると安心ですね。

これら自分に合った中古車屋選びには、自分が実際に行って、確かめてくるのが一番良いと思います。









タイヤにはいくつかの種類があります。
タイヤの性能で大事なことは、荷重を支える負荷性能、路面の衝撃を吸収してくれる乗り心地、エンジン駆動力を路面に伝える制動機能、方向をスムーズに転換する操縦性能があります。

構造面から見たタイヤの種類としては、タイヤ内部の空気を溜めこんでおく構造の違いで、チューブレスタイヤとチューブ付タイヤに分けられます。
また、タイヤの骨格(カーカス)の違いによって、ラジアル構造とバイアス構造に分けられます。

安定性、耐摩耗性の点からはラジアル構造がよいとされ、ほとんどの車がラジアル構造です。
タイヤ溝の形にも種類があり、それぞれに特徴を持っています。
ギザギザののこぎり模様はリブ、横縞はラグ、網目はブロックと呼ばれています。

それから、冬場だけ使用するタイヤとして、スタッドレスタイヤがあり、凍った路面でも滑らないように工夫されたタイヤです。



















「ランドクルーザー200」、「キング・オブ・4WD」の開発テーマに見合う、トヨタのハイテクノロジーを駆使したプラットフォーム化や、最新サスペンションを装備しています。

最新トレンドや環境対応に合わせ、低燃費、高出力を実現し、V8-4.7リットル2UZ-FEエンジンは、吸気側にVVT-iを装着することで、全モデルから53馬力出力向上させながら燃費も向上させています。

デザインやフレーム構造は継承しながら、強度や耐久性の向上、合わせて衝突時の安全性や走行快適性を合わせ持つ、バランスの良い仕上がりとなっています。

トヨタテクノロジーは、新開発サスペンションの搭載やエンジン、ブレーキの自動制御機能、世界初となる悪路での走行補佐機能クロールコントロールも搭載されています。

購入価格も最高級らしく高価ではありますが、どうしてもオーナーになりたくて仕方がない方はたくさんみえるのではないでしょうか?

前モデルの100系のオーナーであれば、ランクル200に乗り込んだ瞬間にスペースが拡大されていることに気が付くでしょう。

これまでオフローダーやサーファー、スノーボーダーなどに人気の高かった2列シートのバンタイプは残念ながら200系では設定されていませんが、2列目もタンブルさせればかなり大きな荷物を収納可能となっていますので、利用価値は変わらないでしょう。

「ランドクルーザー200」の魅力をあげたら尽きることはないですが、パッケージングの進化も魅力のひとつです。
前モデルと同様の3列シート、8人乗りの設定ではありますが、室内空間の拡大によって、より快適性が向上しています。

「ランドクルーザー200」の全長は65mm延長されていますが、室内長は更にその上を行く175mmも拡大されているのです。
これはV型エンジンの搭載をしたことでボンネットを短くし、同時にフロントウインドウを前方に押し出すことが出来たことによります。

シートアレンジも多彩で、3列目のシートが簡単に格納でき、大きな荷物を乗せる場合などラゲッジスペースをより有効に使える様に配慮されています。
空調機能としては、エアコンを前後左右の4ゾーンで調整可能な、オートエアコンが装備されています。
ここまで至れり尽くせりであると、高級セダンやミニバンにも劣りません。

燃料電池車とはエコカーとして、燃料電池が搭載されたもので、酸素と水素の化学反応による電気エネルギーを利用して、モーターを駆動させます。
特徴は、エネルギーの効率が、ガソリン駆動車と比較して高いことです。
二酸化炭素や窒素酸化物、硫黄酸化物などの温室効果ガスや、大気汚染物質は排出されることがなく、排出されるのは水だけなので、“究極のエコカー”と呼ばれることがあります。

燃料電池車のメリットは、そのほかにも水素充填1回で、ガソリン車と同じレベルの距離を走行することが可能なことです。
ただ、現段階ではデメリットもいくつかあり、
・水素の製造技術がまだ確立されていない
・水素供給インフラが整備されていない
・製造コストがかかる
などの問題点があります。
 

水素自動車は、環境面に関して“究極のエコカー”と言えますが、現時点では問題点や課題が多く、実用化はまだ遠いように聞きますが、見ていきましょう。

水素自動車は、ガソリンの代わりに、水素をエネルギー源として駆動させるエコカーです。
その仕組みは、ガソリンエンジンを改良して、水素を直接燃焼させます。
燃焼させることで、水と少量の窒素酸化物が排出されますが、二酸化炭素は排出されません。

水素自動車のメリットは、二酸化炭素などの温室効果ガスが排出されないことです。
また、既存のエンジンも使用することができ、触媒に高価な原料が使用されないので、比較的に製造コストが安価です。

デメリットは、水素の製造技術がまだ確立されていないこと、水素供給インフラが整備されていないこと、水素ガス貯蔵タンクの小型化や安全性の確保が必要なこと、ロータリーエンジンは効率が悪く熱損失が大きいこと、などです。

忍者ブログ [PR]